ホーム > 商品のご案内 > 岸野房江 > 染絵 撥鏤 載勝

染絵 撥鏤 載勝

染絵 撥鏤 載勝

8640円 (税込)

正倉院の撥鏤(バチル)尺に描かれた模様を図案化しています。

撥鏤:象牙の表面を緑色と紅色などに染めて彫り、象牙の地色を文様として浮き上がらせる。中国で唐時代に盛行し、日本に、奈良時代頃に伝えられたと考えられている。

載勝(ヤツガシラ)
全長約28cm。雌雄同色。くちばしは黒で細長く下に曲がっている。頭には広げると扇状になる冠羽があり、橙黄褐色で先は黒い。頭部、上背、胸は橙褐色で、翼と尾は黒褐色と白色の横縞模様になっている。体の下面は白みを帯びる。日本では、少数が旅鳥もしくは冬鳥として渡来する。

サイズ:20cm×20cm

その他の染絵