ホーム > 経済産業大臣指定伝統的工芸品 名古屋黒紋付染

経済産業大臣指定伝統的工芸品 名古屋黒紋付染

経済産業大臣指定伝統的工芸品 名古屋黒紋付染とは?

経済産業大臣指定年月日 第18次指定 昭和58年4月27日

歴史

慶長16年(1611年)、尾張藩士小坂井家が、藩内の旗、幟などの製造にあたったことが始まりといわれています。その後、現在につながる紋型紙板締めの技法が生み出されました。

特徴

染色方法には、浸染と引染の二種類があります。浸染では、紋型紙を使用し、家紋の形を染め抜きます。染液の温度を高めにし、時間をかけて染めるため、堅牢度の高い黒色が得られます。引染では、黒の色艶の優れた「トロ引黒染」または「三ッ引黒染」の技法を用いることに特徴があります。

製造工程

浸染では、生地に紋型紙を貼り、それを生地の両面から紋当金網(もんあてかなあみ)で押さえて締付け、下染めをした後、黒の染料液に入れて染め上げます。
※紋当金網の使用は名古屋黒紋付染特有の技法で、これにより長時間の浸染が可能となり堅牢度の高い黒色となります。
引染では、紋の部分に伏糊をして、「トロ引黒染」や「三ッ引黒染」技法で、刷毛(はけ)を使用して染め上げます。
最後に白く残った部分に紋章を手描きで入れて完成となります。

つもり(紋章の位置を決める)

紋型紙をのりで生地に貼る

紋当金網を紋型紙の上から
両面に縫付ける

紅下染を施す

下染めを行った生地に
本黒染を施す

ゆっくりと時間をかけて
染めるのが特徴

一昼夜水に浸けたあと、
よく洗い、自然乾燥させる

白く染め抜かれたところに
家紋を描き入れる

主な産地

愛知県/名古屋市・西尾市・北名古屋市師勝町

※名古屋黒紋付染は反物を染める染部門と反物に家紋を手描きで描きこむ紋章部門からなります。

染付けに使用される反物

男性用 「五泉」

京都の丹後、滋賀の長浜とともに全国三大白生地産地として栄える新潟県五泉市。
200年余の間、大切に培われてきた五泉の伝統産業として、良質な絹糸を丹念に操って撚りをかけ、織り上げた絹織物です。

羽二重 価格:一疋 108,000円(税込)~
※羽織と着物の生地代です。

女性用 「浜ちりめん」

滋賀県長浜市の伝統地場産業として250年もの間 研鑽 を重ねてきた高度な技がつくりだす浜ちりめんは、『絹白生地の最高峰』といわれています。
女性用のお着物は季節により、
袷(あわせ)・単衣(ひとえ)・絽(ろ)がございます。

[着衣時期] [価格]
10月~5月 四丈 54,000円(税込)~
単衣 6月・9月 三丈 48,600円(税込)~
7月・8月 三丈 59,400円(税込)~

経済産業大臣指定伝統的工芸品 名古屋黒紋付染

経済産業大臣指定伝統的工芸品 名古屋黒紋付染

ご注文

【ご注文】
名古屋黒紋付染のご注文は、FAXにて承っております。注文用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、お送りください。
【ご質問・ご相談】
お問合せフォームより受け付けております。もしくは、お電話でお気軽にお問い合わせください。

紋章部門
紋章(家紋)について

紋章は、伝統的工芸品名古屋黒紋付染紋章部門の紋章上繪師飯田勝弘による手描き紋章です。

伝統的工芸品 名古屋黒紋付染 伝統工芸士(紋章上繪師) 飯田 勝弘
(平成21年 2月25日 名古屋黒紋付染 紋章部門伝統工芸士認定)

【受賞歴】
平成19年 名古屋市長表彰 (技能功労者)
平成20年 愛知県紋章上絵業組合理事長表彰 (優秀技能者)
平成23年 愛知県知事表彰 (伝統的工芸品産業優秀技能者)
【会社概要】
名称 飯田優美堂
代表 飯田 勝弘
所在地 名古屋市西区花の木1丁目3番2号
設立 昭和60年4月1日
電話/FAX 052-531-2292
【取扱品目】
式服紋章加工・入紋 染抜紋
書紋 更生紋 ・正絹 家紋徽章
正絹 家紋ストラップ


家紋入り携帯ストラップ/家紋襟章
各価格3,240円(税込)

あなたの家の家紋を知っていますか?名古屋黒紋付染紋章部門伝統工芸士が作成します。
ご注文はFAXにて承ります。(当サイトにてご注文いただけます。>>こちら

※家紋については詳細にご連絡ください。
※ご注文いただいてから、1週間程度でお届いたします。尚、受注状況等により日数がかかる場合がございます。
(別途、お電話・メール等でご連絡させていただきます。)

伝統証紙

伝統的工芸品の表示のために、一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会が発行する伝統マークを使用した証紙。経済産業大臣が指定した検査委員会が、経済産業大臣の認定を受けた検査方法に従って検査を行い、合格した伝統的工芸品にのみ貼られる証紙で、伝統を誇る手づくりの証しといえます。

伝統工芸士

全国伝統的工芸品センター

一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会が「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」第24条8号の規
定により本事業を実施し、試験に合格した技術者に「伝統工芸士」の称号を贈っている。
平成23年2月25日現在、認定登録されている伝統工芸士は全国で4,441名。
伝統的技術・技法の継承、向上を図り、日本の伝統的工芸品産業の振興に寄与することを目的としている。

伝統的工芸品とは?

伝統的工芸品概要

「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」で定められた要件を満たす工芸品で経済産業大臣が指定する。(例:名古屋友禅(愛知県)、箱根寄木細工(神奈川県)、江戸和竿(東京都)など)

指定要件

「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」  第2条 伝統的工芸品の指定
    1.主として日常的に使われるもの
    2.製造過程の主要部分が手作り
    3.伝統的技術又は技法によって製造
    4.伝統的に使用されてきた原材料
    5.一定の地域で産地を形成